06.物件の探し方(2)インターネットで探してみよう-その2


56

物件の絞り込み(athome)

それでは、希望の条件を探す場合の絞り込みについて解説しましょう。

[キッチン]ワンルームや1Kを探す場合、あまりこだわることはありません。
ただ、最近はオール電化の物件が増えているで(ただし、東日本大震災以降はあまり積極的にオール電化をうたってはいない)、その場合は「IHクッキングヒーター」が付属していたほうが使いやすい。
あくまで自炊する場合ですが…。

[バス・トイレ]お風呂とトイレが一体化になったものは「ユニットバス(UB)」と呼ばれることが多い。
慣れればお風呂とトイレがいっしょでもそれほど気にならないし、むしろトイレ掃除が便利なこともあります。
ただ、「ホテル仕様のユニットバス」などと記載がある場合を除き、ゆっくりとお風呂に入ることは難しいかも。
その場合は「バス・トイレ別」を選びましょう。

DSCF7276

バランス釜式のお風呂

追い炊き機能」は、冷めてしまったお湯を沸かす機能がついているということです。
ただし、この機能は一般的に「バランス釜式フロ」についていることが多く、逆にこの場合は不便です。
バランス釜式は、写真のようないわゆる古いタイプのお風呂で、追い炊きはできるもののシャワーの水圧が弱かったり、ひねればお湯が出るような給湯システムが伴っていないのです。
浴槽も狭いので避けたほうが無難です。
なお、バストイレ一体型のユニットバスには、このバランス釜は採用されることはありません。

浴室乾燥機」は最近の物件には24時間喚起に関する条例もあり、設置されてている物件が多くあります。
お風呂場で洗濯物を乾かすことができ便利ですが、電気代はかなりかかります

[冷暖房]ついていない場合は自分で用意して、設置します。
また、引っ越し時には撤去する必要もあります。
最近はほとんどの物件にエアコンが装備されていますが、なかにはない場合もあります。
エアコンがないのは、いまでは大家の怠慢としか考えられないので、なしの物件は避けたほうが無難です。
「エアコン」にチェックを付けましょう

[収納]1Kやワンルームの物件には「ウィークインクローゼット」はまずないでしょう。
押し入れや簡単な収納設備についてはここでは確認できません。
チェックする必要はないと思います。

[テレビ・通信]ここも特にこだわりがなければ、チェックしません。

inntahonn

マンションなどに設置されているオートロック

[セキュリティ]オートロック」とは、マンションなどのそれぞれの住居に入る前に共同の玄関で居住者が来訪者をチェックできるシステムです。
うるさい勧誘などをシャットアウトできるので、セキュリティ面で安心です。
ただし、テレビ画面のない古いタイプのオートロックでは、来訪者をチェックしてからインターホンに出ることができないため、機能的には劣ります。
あれば安心ですが、大規模なマンション以外はあまり設置されていません。

[位置]階数を大まかに選択できます
アパート(木造)の場合は2階のほうが住環境的に有利ですが、やはり1階よりも若干家賃は高めに設定されています。

[条件]男性の方は「女性限定除く」、女性の方は「男性限定除く」をチェックしておけば、いいなと思ったら「女性限定だった」などということがありません。

[共用施設]「エレベーター」は1階、2階に住む場合はいいかもしれませんが、3階以上はあったほうが断然便利。
ただ、「あり」を選ぶと物件が少なくなりますので、いちおうチェックはせずに進んで、希望の物件が3階以上の場合、エレベータがあるかどうかの情報をチェックしましょう。

[設備・機能]「洗濯機置き場」はないと困りますので、チェックしましょう。
ただこの段階では、洗濯機置き場が室内にあるのか、ベランダなど室外にあるのかはわかりません。
「洗濯機置き場」は室内にあるほうが断然便利です。

[特徴]「日当たり良好」はチェックした方がいいでしょう
「どうせ日中は家にいないから」という方もいるかもしれませんが、部屋に日光が入るかはいらないかは精神状態に影響します。日当たりは重要です。
なお、「日当たり良好」は基本的に南向きか東南向きです。「日当たり良好」とあれば確実に日中明るい室内でしょうが、「南向き」とあっても隣の建物との距離が近い場合日がまったく入らないこともあるので注意が必要です。
デザイナーズ」とは近年流行の「デザイナーズマンション」などを指します。
いわゆる専門のデザイナーが設計したおしゃれな物件ですが、こうしないと借りてもらえないなどの事情があることがほとんどです(たとえば、駅からかなり離れているなど)。
とくにチェックする必要はありません。

[工法][構造・その他]は希望があればチェックしましょう。

これらを指定して、物件を表示させてみましょう。

次のページでは、物件情報の見方をお伝えします。


TOP > TOKYO MOVE/東京に引っ越そう! > 06.物件の探し方(2)インターネットで探してみよう-その2